"誰もついていけないBLOG"の記事一覧

なぜ記紀から出雲系の歴史が消されたのか?

神社には歴史的な伝承が残っていて、神社の成立から日本歴史は非常に良く判ります。 しかしながら、伝承による日本の歴史と記紀(日本書紀と古事記)の記述が違うことが判っています。 それは、日本全国に出雲系の素戔嗚や饒速日、大国主(大穴牟遅神)の神社が圧倒的に多いのに関わらず、少数の神社しかない日向系の天照大神が記紀(古事記・日本書紀)にお…

続きを読むread more

ステーキの横に「小さな緑の野菜」を添える理由

ちょっと面白い記事があったのだが、それは、ステーキの横に「小さな緑の野菜」を添える理由についてである。 私は今まで「栄養のバランスを考えて付いている」と思っていましたが、実は、ステーキに野菜が付くことで「野菜があるから体に悪い肉を食べても良い」という演出だという話である。確かにバランスを考えているとしたら野菜が少なすぎる。 …

続きを読むread more

最初に挫折する「場」が発生すると最後まで上手くいかない

とある有名な経営コンサルタントが言っていた話であるが、就職して、最初に配属された職場で「良い上司」と出会った者が案外その会社で順調に出世できるが、最初に配属された職場に「変な上司」と出会った場合はほとんど退職するか左遷される傾向があるそうで、最初に出会った「上司」で会社での将来が決まる傾向が高いそうである。 実は、就職して、最初に…

続きを読むread more

良い神社と悪い神社

本人から直接聞いた話ですが、その男は毎朝、神棚にお水を上げ、「商売繁盛と異性交遊」を祈願して参拝していたそうです。 それで盆の前に神棚を掃除したら、なんと!毎日拝んでいたお札に「ゴキブリの卵」が多数付いており、お札の周りには「ゴキブリの糞」も多数散乱しており、「俺は毎日ゴキブリを拝んでいたのか!」と衝撃を受けたそうである。 黒住…

続きを読むread more

龍の血脈

アクセス解析を見ると私のブログを読んでる人は私の変わった話に慣れていると思われるので、今回は辰年で新年でもあるので興味のある人だけ読んで下さい。 おおよそ理解できない内容かと思われる。 岐阜の養老山脈は昔から「龍を見た人」の証言が多いが、全部 白龍である。 養老山脈にある多度大社には「白馬伝説」というのがあるが、地域の人が見た…

続きを読むread more

徳になる行為と徳にならない行為の違いは何か。

とあるとある金持ちが大金を貧しい者に無償で与え、さらに暖かい料理を無償で振舞った。尊い善行は世に知れ渡り金持ちは皆から尊敬されていました。 そこである日、金持ちは僧に「私の功徳によって、将来どのような果報があるでしょうか?」と聞いたら「将来に果報は無い」と言われたという話があるが、これは何故かというと、良いことをしても、人に知られて褒…

続きを読むread more

理不尽を経験する意義

WBCで日本代表チームの監督をしていた栗山秀樹が雑誌のインタビュー記事で、「野球の良い所は理不尽を経験できること」と言っていた。 そして、「理不尽を正しく乗り越える経験をして本物の強い選手になれる」と言っている。 野球のみならずスポーツは理不尽なことが多い。審判が誤審をしたり、ケガをしたり、練習量が多くても努力は報われない経験も…

続きを読むread more

人生を螺旋階段のように予見する

コロナの後はコロナの前と「まったく同じように戻るか?」といったらNOである。 絶対にまったく同じようには繰り返さない。私は断言する。 もちろん、前と同じように渋谷に人が集まるとしても、同じ店に同じ商品を買うために同じ人数は戻らない。 ヘーゲルは、「社会や物事は螺旋的に発展する」と言っているが、 螺旋的発展とは、上から見る…

続きを読むread more

純粋な願望にフォーカスすること

この世界は、あなたが認識した自分自身に対するイメージに相応した現象があなたの前に顕れる。 願望を成就する為には、自分に対する自分自身の認知(セルフイメージ)がもっとも重要なことである。 因みに、セルフイメージを高める自己認知とは「俺は出来るぞ!」という自信ではない。 そもそも「俺は出来るぞ!」という自信は打ち砕かれるために存在…

続きを読むread more

憑依現象と神の御利益の原理

私は以前から、神社にいって神の御利益を受けたとか龍神の憑依現象によって信じがたい奇跡が起きることは事実であることに疑いは持っていないのであるが、「御利益」を与える方法、つまり如何なる原理に因るのか疑問であった。 また龍神が憑依するとか「もののけが付く」とはどこに付くのか疑問であった。 しかしながら、大物主について調べている時に、…

続きを読むread more

アンチを君の評価を上げる広告塔にする方法

有名になったり、目立つと必ず「アンチ」が発生する。会社員でも学歴があってイケメンで仕事が出来ると必ず足を引っ張る者が出てくる。 そもそも「アンチ」は実力があると認められているから発生するのであるが、逆に「アンチ」によって潰されてしまう人が多いように思う。 私の後輩でもスポーツ万能で性格も真面目で地域ボランティアも熱心で外見も爽や…

続きを読むread more

長嶋茂雄という生き方

実績を上げた者の生き方には二種類ある。ひとつは華やかな時だけ現役で活躍し、力が衰えたら潔く引退するという生き方。江川卓や中田英寿がこのタイプかも知れません。そして、残りの人生は悠々自適の姿を見せる生き方でもあります。 もうひとつは、ボロボロになるまで現役で戦う姿を見せる生き方。三浦知良はこれに該当するでしょうね。イチローもこのタイプで…

続きを読むread more

量質転化の法則

最近、興味深い話を聞いたので紹介しようと思う。 とあるスーパーマーケット企業の社長が亡くなったので急遽、息子が社長になった。 しかし、業績が悪化したのともともと病気があったが悪化して2年後に続いて亡くなってしまった。 そこで急遽、専業主婦だった息子の嫁が社長になった。 この女社長は、現場を回り徹底的にムダを排し、上場を廃…

続きを読むread more

メンタルエネルギー保存の法則

力学的・熱・化学・電気・光などのエネルギーは、それぞれの形態に移り変わるが、エネルギーの総和は変化しないように、 人間の行動の結果が、当初の目的どおりに上手くいったとしても、或いは想定とは違う結果になったとしても、 行動に付随したメンタルエネルギーも保存され消えることは無い。 大切なことは、刹那の結果では無く、如何に至誠に真摯…

続きを読むread more

なぜ正直者が損をして憎まれっ子世に憚るのか?

「憎まれっ子世に憚る」とは 「他人から憎まれている人ほど、世間で上手にやっていける」 という意味だと書かれているが、この解釈は間違っている。 自然の摂理では多様性を維持しようとするので「少数派も必要だと抹殺されない」のであります。 自然の法則は、個の多様性を維持し、個々を野放し自由に繁栄させ、後で淘汰して全体に分配するという…

続きを読むread more

神とは何か

あらゆる思想を鑑みると、神の分類には以下のようになると思われます。 1、創造主観 神が人間を作った。 2、道具観  人間は神の道具である。 3、逆創造主観 人間が神を作り出した。 4、法則神観  自然の法則が神である。 5、外神観   神は人間の外に存在する。 6、内神観   神は人間の内に居る。 7、贖い神観  神は…

続きを読むread more

望む状態を結晶化させれば未来を意志で選ぶことが出来る。

個人の未来は結晶化するまで決まっていないが、結晶化したら絶対に未来は変えられない。 これは二重スリット実験で波動の動きをする光粒が、どのように動いて波形になるのかカメラで観察すると 唐突に光が粒の動きに変わることが知られていていて未だに理由が解明できていない訳であるが、 これは観察者が「粒」を観察するから「粒」になるのであり、…

続きを読むread more

普請負けの法則

新しく家を新築すると、身内で不幸が起きるということは迷信では無く、実際によくあると思われるが、これはなぜ起きるかというと 「祝い事」や「自分が儲かる事」は「陽」の現象であるので、「陽のエネルギー」を支える「陰のエネルギー」のバランスをとる為である。 従って、何件も新築しても建てた大工さんは普請負けしないし、借家を建てた大家さんも…

続きを読むread more

絶対に負けない行動指針

私達は日常、仕事や家庭や地域の活動の中で、慣れない仕事で心配したり、やり方がまずいと人から非難されないか不安になるものである。 例えば、仕事中に悩みがあってうっかり重大な間違いをしたり、来週来る上司の査定に不安になったり、 部下の事務員の態度が気に食わぬとか、彼女と仕事で忙しくて会えないけど嫌われないかとか、 子供の将来に不安…

続きを読むread more

営業の極意

知りあいの女性の話ですが、彼女は男性にフラれる度に「私のどこが悪かったのか?」と必ず聞くそうである。 そして次の恋愛の課題としたそうである。 実際にフラれた理由を聞くのも聞かれるのも「めんどくさい」話である。なかなかこういう女性はいないと思う。 しかしながら、彼女はいわゆる玉の輿に乗って良い男と結婚しました。 ジャック・…

続きを読むread more

私とは記憶である

雑誌に「他人からの影響を受けなくて済む方法」という話で、論者の方が、セネカの「自分で自分のことをどう思うか。それは他人からどう思われているかよりもはるかに重要である」という言葉を出しておられたが、 これは実際は「他人からの影響を受けなくて済む」というメンタルの話では無くて、「自分のことを「誰」だと考えている」と「誰」に相応しい人生に遭…

続きを読むread more

災難は弱いところに出る

近所の人の話であるが、ずっと体の不自由な妹と一緒に暮らしていた姉家族がいました。その妹のことを姉は「妹が私の厄を引き受けてくれてる」と言って大事にしていました。 姉はちょっと強引な詐欺師みたいな人で、際どい土地の売買や産業廃棄物の仕事をしてかなりのお金を儲けていました。 不思議なことに妹が生きている間はずっと順調でなんの不都合もあり…

続きを読むread more

鏡の不思議な魔術

天照大神が祭ってある伊勢神社の「八咫の鏡」は三種の神器のご神体であるが、なぜ鏡がご神体であるかというと、天照大神を映した鏡は天照大神と変わらない力を宿していると天照大神自身がニニギノミコトに語ったからである。 これは非常に興味深く、鏡の不思議な性質について私の考察を説明しようと思う。 西洋でも鏡は古来から「宗教」や「魔術」の…

続きを読むread more

丑寅鬼門の話

鬼門を信じますか?鬼門を迷信であると考える人は多い。 欧米ではそもそも鬼門という概念さえもない。 しかしながら、日本人は古来より、鬼門の必罰に等しい災難に遭遇し、結果として鬼門を恐れていた。 現在でも読者の方のほとんどが鬼門に関する怖い経験をしたり話を聴いたことがあると思う。 実際に、日本では鬼門を犯すと数々の災厄があり…

続きを読むread more

なぜ大きく望めば大きく得るのか

ハーバード経営大学院で数百人に模擬交渉をさせる実験で得られた結論があって、 それは「大きく頼めば、大きく得る」というものである。 商品を売る時、高い価格を提示するグループの方が、 安い価格を提示するグループよりも最終的に高値で、しかも多く売れるらしい。 すごい美人でも、ミスユニバースに応募しないと選ばれない。やや難があっ…

続きを読むread more

プロフィール

QRコード