なぜ植物に害虫が寄って来るのか?

私は「野菜が美味しいから害虫が寄って来る」と考えていたのであるが、逆のようで「野菜が弱いから土に還るシステムが発動して害虫が寄って来る」らしい。つまり野菜が元気な間は害虫が寄って来ず、弱ってくると害虫に食べられて土に還るらしい。

ちなみに、私はいわゆる有機栽培というのを信用していない。なぜなら失敗している人しか知らないからであります。
知り合いの女医さんがにわかに有機農法をやり始め、見事に見たことが無いあっぱれな虫だらけの野菜作りを成功させ 「農薬使わない栽培はぜったいに無理よ!」とヒステリックに叫んでいたし、私は「雑草を抜かない方が良い野菜が育つ」という都市伝説を信じて、雑草まるけにしたら野菜が雑草に負けて雑草だけの畑を作った。いまでも無農薬で虫が付かないとは全面的に信用していないが、ある条件付を満たせば可能かもしれないとは思う。

というのは、九州大学農学部大学院を卒業し長崎県で農業改良に従事していたが、40代で安定した公務員を退職して自分で有機農業を始めた人がいまして名前を吉田俊道さんと言います。
実際に彼の作った野菜には農薬を使わないのに虫がつかないらしいのです。
常識では考えられないが私は講演と畑の写真を見たので信用しています。
彼は虫の付く野菜と付かない野菜を自在に作れるのです。なぜなら虫の付く理由を知っているからである。
そして、吉田さんの話は目から鱗であった。

吉田さんによれば、害虫は不具合な野菜を感知してそれを食べて糞や死骸となって土に返す役目があり、具合の良い野菜だと害虫には見えないから食われない。したがって、具合の良い野菜でも老化すると土に還る必要があるので虫がつく。いわゆる虫が野菜を食べるのは循環の一環なのだ。

それで虫が付く野菜とそうでない野菜の何が違うかというと「土」だそうだ。土の違いとは「微生物」の違いらしい。
虫のつかない野菜を作る方法は、土の中に微生物がいっぱい存在する土で育てると害虫が来ない野菜が作れるらしい。
つまり、土を「腐敗」させずに「発酵」させると、「微生物」が多量に発生し、その土で育った野菜は虫が付かない。

それで虫の付かない野菜の内容を実際に調査すると、普通の野菜よりも栄養素が2~4倍くらい多いことが判明した。
それでは「栄養素の高い肥料を入れれば同じじゃなのか」と思われるが、違うのだよ。栄養価は結果であり大事なのは微生物なのだ。

栄養価が高いだけならば化学肥料を使えば良いが、化学肥料で栄養いっぱいの野菜を作っても虫が寄ってくるのである。
つまり、問題は栄養では無く微生物なのだ。
肥料で育てた栄養素の高い野菜は身なりは立派で大きく育つがいっぱい虫がつくのです。
そこで、現実から考察すると、虫がつかない野菜に何が必要かというと「栄養素ではなく微生物が介在した土」なのです
そして結果的に栄養価が高くなったということだ。

もちろん、ハイエナが腐った肉しか食べないのも腐った肉がご馳走だからであるし、カラスが死骸を食べるのも死骸がご馳走だからでしょう。
害虫も弱った野菜が好物なのだ。「俺たちは浄化を行っている」とは思っていない。
ということは、害虫は害ではなくて自然の中での役割を為しているだけだと考えられる。

追加で吉田さんの興味深い仮説を紹介しましょう。

人間も植物と同じで、人間の場合の「土」とは腸だそうで、
つまり腸内細菌がいっぱいの腸であれば人間にも「害虫」は寄り付かないそうである。いわゆる免疫が高くなるらしい。
健康体には、菌やウイルスは怖くないので、腸内環境が微生物がウヨウヨであれば、イソジンの嗽もアルコールの手洗いも必要ないそうである。

牛乳が腐敗したら腐るけれども発酵したらチーズになるように、植物も人間も廃墟も発酵が大事なのだ。
老化は一種の腐敗であるかもしれない。腐敗した老人を老害という。しかしながら腐敗せずに発酵した老人は老獪ダンディーである。
廃墟でも腐敗した汚い廃墟と醗酵したノスタルジックな廃墟があるように、私は発酵のような腐敗がしたい。
モッツァレッラチーズが食べたくなってきた。

ということで、興味ある方は吉田俊道で検索して下さい。

NPO法人 大地といのちの会 理事長 ㈱菌ちゃんふぁーむ 代表取締役 吉田俊道

吉田俊道ブログ

twitterはこちら。
エイジの部屋
mixiもやってます。
Eiji
Eijiで検索してください。現住所は岐阜です。

この記事へのコメント

剣士郎
2020年09月04日 20:08
私も、関係あるかどうかわかりませんが、家庭菜園で水道水で水を撒いてたら葉が悪くなり、雨水を貯めたもので水をやっていたら、虫に食われるようなことがなくなってた覚えがあります。

また、世界救世教に入ってた人が自然農法というもの私に話してくれた時に、
「人も、植物も悪いところは、治そうとするから病気になるのだ。病気になるから悪くなるのではない。」と言ってた記憶があります。
未都
2020年09月04日 21:20
貴重な情報ありがとうございます。
菌ちゃん○○〇っこ、ゲットしました。
メンタルには速攻効きます。
ふいに特に意味もなく不安になったりしなくなる。

全国の小・中・高の過敏性大腸症候群の人たちに
効くといいんだけど。
薬でもサプリでもなくて
安いので、冬休みとかに試して欲しいな。
薬やサプリは、私が300種ぐらい試したし。

細胞のアポトーシスと同じなのかな。
エイジ
2020年09月05日 14:44
岡田茂吉は「世の中に無駄な者はいない」と言っていますがそのとおりなのでしょうがある意味自然とは正確で無私な怖いものですね>剣士郎さん

菌ちゃん先生は実に欲がない人なんですよ。本もなんか安く売るために自分でカラー印刷して売ってるんですね。面白い変人だと推薦します。>未都さん
さんちょう
2020年09月08日 16:24
こんにちは。
米農家ですが、周りに土壌改良に力を入れている方は皆無かと思います。
自分が率先してやらねばと感じます。 少し調べた程度なのですが、大麻を育てるとその畑の土は良く改善されるらしいです。大麻はどんなに悪い土壌でも肥料無しで立派に育つみたいで、流石古来から神聖な植物とされてきただけあります。

この記事へのトラックバック

プロフィール

QRコード